© 2016 by Tokyo Gaigo School.

Column

英語学習コラム

英会話に必要な5つのスキル

小学生で英語を話せるように

東京外語スクールではネイティブ講師とのマンツーマンでの英会話トレーニングを授業の一部に取り入れています。

その結果、、、

小学生にして日常的な英会話は問題なく行えるレベルに到達しました。

 

今回は、当校の指導方針の元になっている「英語を話せるようになるために必要な5つのスキル」についてお伝えしたいと思います。

コミュニケーションに必要なこと

コミュニケーションを取るためには、言葉の受信と送信が必要です。

 

【受信】

相手の言っていることを理解する

 

【送信】

言いたいことを英語で伝える

 

 

上記の2つができれば、コミュニケーションを取ることが可能です。

 

 

 

では、英語における上記の2つを満たすために、必要なスキルを5つに分けて考えていきます。

 

英会話に必要な5つのスキル

1.英語の音を聞いて、文字に変換できること(Dictation)

 

 

2.英語の文字を読んで、理解できること(Reading)

 

 

3.理解したメッセージの返事を考えること(Thinking)

 

 

4.伝えたい内容を英文に変換できること(Writing)

 

 

5.英文を発音できること(Pronunciation)

 

 

 

 

生徒ひとりひとりが上記のスキルをバランスよく伸ばしていけるように指導することが重要です。

 

 

英会話を5つの要素に分割することで、足りない能力を確認しやすくなります。

 

 

また、1~5のスキルのうちどこで時間がかかっているのかを分析することで、会話がスムーズに行えない場合の問題解決が可能になります。

5つのスキルの伸ばし方

1.英語の音を聞いて、文字に変換できること(Dictation)

 

 

英語音声を聞いてノートなどに音声の内容を書き出します。

 

そうすることで聞けていない単語がわかったり、

 

リンキングという単語が音になるとくっついてしまう現象を紐解く能力を身につけることができるようになります。

 

 

 

2.英語の文字を読んで、理解できること(Reading)

 

 

文字を読んで内容を頭にイメージできているかどうかを確認します。

 

状況を口頭で説明してもらったり、

 

物語などのお話の場合、4コマ漫画などの絵に描いてもらい、内容の確認を行います。

 

 

 

 

3.理解したメッセージの返事を考えること(Thinking)

 

 

英検の2次試験(面接試験)などの質問事項を利用して、問いかけを行い、

 

返答を検討していきます。

 

このスキルに限っては、言語は問いません。

 

つまり日本語での返答でもOKです。

 

ただし、回答としてクオリティの高い内容になるように考えていきます。

 

 

 

 

4.伝えたい内容を英文に変換できること(Writing)

 

 

簡単な日本語を見て英文に直せるようトレーニングを行い、

 

英文の難易度を少しずつ上げていき、

 

最終的には「3.理解したメッセージの返事を考えること(Thinking)」で

 

思いついた返事を、英文に直すトレーニングを行います。

 

このときに、英作文を高速に行えるようになるほど、

 

英会話はスムーズに行えるようになります。

 

 

 

 


5.英文を発音できること(Pronunciation)

 

 

「LとRの発音の違い」や「正しいTHの発音」など、

 

日本人特有のネイティブに通じづらい発音のクセを直すことから始めます。

 

最終的には、母音aや母音iなど一見日本語の「あ」や「い」に似ている

 

音も、正しい英語の発音に直すトレニーングをすることで、

 

伝わりやすい英語の発音を習得することができます。

 

 

 

 

 

 

これら5つのスキルを意識して、生徒を指導することで、

 

 

「小学生で英語を話せる」ことを

 

 

留学経験なし、滞在経験なし、日本の環境のみで

 

 

実現できたことを心より嬉しく思います。